青の祓魔師の燐と出雲の衝撃の共通点とは



青の祓魔師燐と出雲の関係について衝撃的な共通点が存在します。知らない方も多いと思いますのでおしみなくネタバレしていきますね。青の祓魔師の出雲と言えばツンデレですよね。以外にも乙女な部分が強い出雲。そんな燐と出雲の共通点について暴露していきます。


スポンサーリンク
レクタングル 大広告

青の祓魔師の燐と出雲の共通点とは?


実は青の祓魔師の女性キャラで出雲ちゃんはしえみをおさえて人気第一という衝撃な事実をしっていましたか?そんな青の祓魔師のダークホースである出雲と燐には衝撃の共通点があります。ここからは衝撃的なネタバレになりますが、出雲もなんと人間と悪魔との混血のようです。

衝撃的な事実ですよね。燐は言わずと知れた青の祓魔師のラスボスであるサタンと人間とのハーフですが、出雲もハーフではないにしても悪魔の血筋が混ざっているようです。そのため、燐がサタンの息子であると分かった際も出雲だけは燐に対して普段通りに接していましたよね。

青の祓魔師のテレビ版では理由が分かりませんでしたよね。単に出雲サバサバした性格から、燐に対しても普通に接していただけかと思っていましたが、実は同じ悪魔の混血という共通点から燐に対する受け入れが早かったみたいです。納得ですね。

青の祓魔師の出雲は実は燐が好き?

青の祓魔師でツンデレキャラと言えば神木出雲こと出雲ちゃんですよね。燐と同じ祓魔塾生の少女で燐が出会った頃の性格は高飛車でなんともとても嫌な性格でしたよね。聖十字学園高等部の1-A所属しており燐と同じクラスです。見た目は廃案の貴族を思わせるまゆげが特徴の少女です。

少女漫画が実は大好きな出雲ちゃんですが、可愛いものに実は弱いという女のらしい面がひときは強いようなんですよ。意外とこの出雲ちゃんの事実を知らなかった人も多いのでは?

時々青の祓魔師で燐が出雲の間違えに関して男らしく指摘した際には顔を赤らめたりする場面がありますよ。実は、出雲は燐のことが好きなのでしょうか。ヒロインはしえみなのでライバル関係でしょうか。でも管理人の私はしえみを押しますけどね(笑)。

出雲が隣のことが好きかと言えば微妙ですよね。青の祓魔師のテレビアニメの中で出雲が燐が好きと断定できる材料は少なすぎます。グレーゾーンです。

青の祓魔師の出雲が能力覚醒!燐を超えた?

出雲は手騎士の才能を持ち、一度に上級の白狐を2体召喚することができる優秀なエクソシストです。そんな出雲は燐をも超えた?ものすごい能力を身につけます。実は、出雲も色々な理由をかかえてエクソシストを目指しています。出雲がエクソシストを目指す理由に関しては青の祓魔師のテレビ版では隠されていましたね。その辺りはのちのち記事にあげていきますね。

出雲は母親や親友がなくなったことで自暴自棄になり、九尾を自分にとりつかせます。その時の出雲の強さは半端ない強さです。ですが、適合率が低下している出雲はうまく九尾を操れず暴走状態です。そこを救ってくれたのはなんと燐ではなく出雲の母親でした。

母親のことを乗り越えたことで、出雲の能力は覚醒し、印章紙なしで悪魔を召喚させるエクソシストになるのでした。出雲ちゃん凄すぎです。

フールー紹介

アニチューブが規制され違法にアップロードされた動画サイト今後どんどん視聴できなくなります!!

でもこんなサイトを使っているとウィルスによりパソコンの情報を取られ悪用されたりとか.....(・・;)

そんな被害が増えるよりは良かったかとんじゃないかと思います。

でも、東京に住んでいれば深夜アニメをリアルタイムで観ることができますが、
地方だとほとんど放送されていません!

でも私のように深夜アニメもみたい方は多いはず!!!

そんなアニメ好きなあなたにはHuluという動画配信サービスがオススメです♪

動画配信サービスはFODやdアニメストアなどたくさんありますが、
お試しするのにヤフーIDが必要だったりとひと手間かったりとかなり面倒です。

dアニメストアの場合だとアニメしか視聴することができません。

Huluはお試し登録も簡単で
深夜アニメはもちろんアンパンマンなどのキッズ向けアニメ、

国内ドラマ、海外ドラマなど非常にバランスが取れているのが特徴的です。

なにより自分だけが深夜アニメを楽しむだけでなく、
家族みんなが楽しめるのがいいですよね\(^o^)/

お試し期間があるのでまずは2週間使い込んでください(笑)

こちらにリンクを貼っておきますので興味がある方はどうぞ♪
↓↓↓
2週間の無料トライアル

スマホやパソコン、テレビなどデバイスを選ばないのがいいですよね♪

通勤などのちょっとした時間で大好きなアニメが楽しめます\(^o^)/

スポンサーリンク
レクタングル 大広告
レクタングル 大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする