恋と嘘の1巻のネタバレ!モノローグがとても意味深!!


恋と嘘の1巻のネタバレ記事になります。

恋と嘘の1巻は激流に飲み込まれているような怒涛の展開がまっています。



根島由佳吏と高崎美咲さらには真田莉々奈の3人によって

展開される恋の三角関係がとても面白いです。



さらには親友である仁坂裕介の根島由佳吏へのキスによって

三角関係が四角関係に!?



気になるモノローグについても少し掘り下げています。

続きが気になる方は1巻のネタバレを読んで下さい。

もう怪しい海外サイトからアニメを探しに悩む必要なし!

アニメ好きなら知らなきゃ損!!合法的にアニメ動画をストレスなくサクサク見る方法はこちら


スポンサーリンク




恋と嘘の1巻のネタバレ

恋と嘘の1巻のネタバレに入りたいと思います。

1巻のネタバレですが、

結婚相手は政府通知によって決まるということでしたね。



主人公である根島由佳吏に届いた政府通知の相手は、真田莉々奈でした。



いきなりクライマックスかと思うくらい、

ヒロインの一人である5年間好きだった高崎美咲に

好きだということ伝えます。



そして高崎もなんと根島のことがずっと好きだったと。

一気に恋と嘘に引き込まれましたね、

アニメを見ていない人はすぐに恋と嘘のアニメをみてください。



さらに怒涛の展開が待っています。

1巻のネタバレになりますが、

仁坂裕介がなんと根島由佳吏にキスをしました。



仁坂裕介は、主人公の根島由佳吏の親友なのですが、

いきなりの展開に管理人の私はこのキスの意味について全く理解できませんでした。



しかし、ネタバレになりますが仁坂裕介のキスは恋愛としてのキスであり

本当に主人公の根島由佳吏のことが好きなのです。


スポンサーリンク




恋と嘘1巻ネタバレ!一番気になるところ

恋と嘘の1巻のネタバレに関して一番気になるところを掘り下げていきましょう。

1巻では主人公の親友であり、

イケメン仁坂裕介の主人公にキスしたところもなかなか気になります。

仁坂裕介の好きな人に誰なのかについては



別の記事で考察していますのでそちらを参考にしてください。

今回は、1巻最期のモノローグについて掘り下げていきますね。



とても大事な部分だと管理人は思っていますので

まずモノローグの内容についてみていきましょう。



『今考えると この時僕は 多分

たくさんのものを見落としていた

恋を 愛を 嘘を』



ここで恋と嘘の1巻は完結します。



かなり気になりますよね。



恋と嘘のアニメでは、恋と愛と嘘で人物が当てはめられていました。

まず、恋と愛の違いについて少し調べてみました。

恋というのは、好きだという感情が先になっています。

愛というのは、相手への理解と共感のもとに成り立つものです。ある種の連帯感です。

恋と嘘のアニメにてこのモノローグにて

恋をでは真田莉々奈が

愛をでは仁坂裕介

嘘をでは高崎美咲

が出てきました。

個人的には意味がとてもあると感じていますが、

恋と愛の人物の相手はなんとなく理解できるような気がしますが、

嘘で登場した高崎美咲が気になりますよね。



高崎美咲の仁坂裕介への好きという気持ちは嘘なのか、

それとも自分のことを諦めてくれといった

気持ちが嘘なのか1巻の時点では分かりませんね。


スポンサーリンク




まとめ

今回は、恋と嘘の1巻のネタバレについての記事でした。

1巻では根島由佳吏が大好きだった高崎美咲に告白するところから始まり

メインのヒロインと言われている真田莉々奈との共同作戦と怒涛の展開でした。



さらには、仁坂裕介と主人公の根島由佳吏のキスで混迷が深まるばかり。

完全に1巻にて恋と嘘のファンになりました。



恋と嘘の2巻では高崎美咲と根島由佳吏の関係がどう発展するのか気になりますね。

これからも恋と嘘のネタバレ・考察情報を配信していきたいと思いますので、

ブックマークしてくれると管理人も喜びます。



アニメ好きの方はキャンペーン期間中に必ずチェックしなきゃ損ですよ♪

いまなら無料のトライアル期間を利用して「君の名は。」フルで動画をみることができます。もちろんいままで気になっていたアニメも見放題♪

>>「君の名は。」含む新海作品や観たかったアニメをストレスなく楽しむ♪オススメ!



関連記事はこちら
恋と嘘の高崎美咲の秘密をネタバレ!病気説は疑わしい!
恋と嘘のネタバレ!最終話の結末でネジが選んだのは真田莉々奈?
恋と嘘の仁坂裕介が誰が好きなのか検証すると秘密が明らかに!
恋と嘘の仁坂裕介の政府通知が届いた相手は高崎なのか?
恋と嘘のネタバレ!五十嵐には秘密がいっぱい政府通知を操作した?オススメ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする