BEATLESS(ビートレス)マリナ・サフランの製造目的と結末!


マリナ・サフランは、ビートレスにおいて重要なキャラクターです。

レイシアが、機体番号を奪ったのはマリナ・サフランのものです。

マリナ・サフランの悲劇についての話をしています。マリナ・サフランが作られた目的や空港での偽物事件についても解説していきますよ。

今回はマリナ・サフランにスポットを当てていきましょう。


スポンサーリンク




マリナ・サフランが造られた目的

マリナ・サフランが製造されたのは、エジプトで生まれました。

そこにすんでいたエジプト富豪は、娘がなくなってしまい、その悲しみに耐えることができずに娘にそっくりのhIEを作らせたのです。

hIEを作成する動機というものはさまざまなんですね。

しかし、ある事情から数ヵ月である病院に寄贈されることになりました。

そこの病院は機体番号が身元不明でも確認する余裕すらない病院でした。

なぜマリナ・サフランは病院へ寄贈された

マリナ・サフランが病院へ寄贈された理由は、オーナーのお嬢さんが目指していたのが看護師だったからです。

せめてものオーナーの優しさだったようですね。

オーナーがマリナ・サフランというhIEを手放した理由とは

ここまで正確にお嬢さんを再現したhIEをなぜオーナーが手放したのか気になりませんか。

その理由は、再婚したオーナーがあまりに娘にそっくりなhIEに再婚相手が耐えられなくなったからです。

hIEになんの罪もないのに、廃棄されることになり、マリナ・サフランに同情してしまうのは私だけ?

でもせめてものオーナーの優しさで娘の将来の夢である看護師として働けるように病院へ寄贈されたことが少ないな気がします。


スポンサーリンク




アラト達が空港で機体番号を破壊しようとしたマリナ・サフランは偽物だった

アラトがレイシアのオリジナルの機体番号であるマリナ・サフランの機体番号を破壊しようと空港へ急いでいました。

しかし、実は空港に到着したマリナ・サフランはすり替えられていた別のhIEでした。

アラトも紫織もメトーデでもみんなある人物に出し抜かれたのです。


マリナ・サフランをすり替えた首謀者は?

マリナ・サフランを偽物にすり替えたのはなんとレイシアだったのです。

正確に言うとレイシアがhIEを利用して空港職員を買収してすり替えさせたのです。

レイシアは、初めから自身の機体番号が狙われる可能性をすでに考えて、紫

織の考えを先に読んでいました。

さすが、レイシア級hIEであるレイサシア様ですね。

どこのくらい先まで計算しているのかアラトがのちのち恐ろしい存在と感じても無理もないかもですね。


スポンサーリンク




まとめ

マリナ・サフランのオリジナルはエジプトの富豪がお嬢さんに似せて作られたhIEなのでした。

しかし、再婚したオーナーは、マリナ・サフランを病院への寄贈を余儀なくされました。

その病院も機体番号不明の身元がわからないなど気にするところではなかったということもありレイシアは、マリナ・サフランの機体番号を奪ったのでした。

空港での事件の影の首謀者はレイシアでアラトも紫織もメトーデもレイシアの手のひらの上で踊らされているだけでした(笑)。


これからもBEATLESS(ビートレス)についてあなたの気になる情報をどんどん配信していきますのでよかったらBookmarkしてくださいね。

こちらの記事もおすすめです♪順番に読むとあなたの知らない情報が満載です!!
BEATLESS(ビートレス)村主ケンゴの秘密とは?
文字
海内紫織が裏切られ結末!実はアラトが好き?
海内リョウを狙った事件の真相
マリナ・サフランの製造の理由と目的とは
BEATLESS(ビートレス)の抗体ネットワークの中枢とは!

レイシア級hIEについてはこちら♪
BEATLESS(ビートレス)紅霞を奪ったものの正体は?
BEATLESS(ビートレス)スノウドロップの目的が恐ろしい!!
BEATLESS(ビートレス)メトーデのオーナーと正体とは!
アラトとレイシアが描く未来
BEATLESS(ビートレス)レイシアの正体と結末とは!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする