BEATLESS(ビートレス)村主ケンゴの秘密とは?

今回は、BEATLESS(ビートレス)のアラトの親友の一人村主ケンゴについて記事を書いていきたいと思います。



BEATLESS(ビートレス)の予告PVでもあの眼鏡の下にはなにかあると思ったらやはり村主ケンゴはある秘密を隠していました。



では、村主ケンゴが抱えている秘密と紅霞との関わりについてとりあげていきますね。

スポンサーリンク




BEATLESS(ビートレス) 村主ケンゴの秘密とは

村主ケンゴは、サンフラワーという定食屋の息子です。

妹にオリガーという人参離れしたとてもかわいい妹がいます。

そんなごく普通の高校生である村主ケンゴは秘密をかかえています。



村主ケンゴがかかえる秘密とは、抗体ネットワークという悪意のボランティア集団の構成員の一人なのです。



村主ケンゴは、抗体ネットワークにおける実行役と情報役がいますが、情報役に属しています。

携帯端末を利用し、一人のhIEの情報を抗体ネットワークの情報網にあげる手伝いをしています。



さらに、その情報網を利用して、レイシアがさらわれたときには手助けをしてくれたこともありました。

BEATLESS(ビートレス) 村主ケンゴが抗体ネットワークへ入った理由とは

村主ケンゴはなぜ抗体ネットワークへ入ってしまったのでしょうか。

hIEが登場してきて、労働代行といってhIEが労働を肩代わりしてくれる世の中となっていました。

定食屋を営んでいるケンゴの父親も、hIEの台頭により影響を受けていいます。

定食屋を訪れたお客さんが、とても美味しいケンゴの父の作る料理をhIEが作っていると勘違いしているお客さんも中にはいます。



そのため、hIEが作っているため美味しいやありがとうなどの言葉をかけられることも少なくなったとケンゴは思っています。

ケンゴはhIEによって父が傷つけられていると思い、そのためhIEを排斥する抗体ネットワークへ入ったのです。



ケンゴは家族思いなんですけど、怒りをぶるける方向を間違えてしまったようです。

抗体ネットワークの中枢を知りた方はしたのリンクからどうぞ♪

BEATLESS(ビートレス)の抗体ネットワークの中枢とは!

スポンサーリンク




BEATLESS(ビートレス) 村主ケンゴと紅霞について

村主ケンゴは、レイシアが誘拐されたときにアラトの助けになろうと抗体ネットワークの情報網を私的に利用してしましました。

そのため、そのペナルティーによって抗体ネットワークの実行役の方へ回されてしまいます。



レイシア級1号機である紅霞にそのことを告げられて、参加を拒否することができません。

拒否すれば定食屋ごと吹き飛ばされかねない状況ですからね。



しかし、ここから紅霞とケンゴの関係は徐々に進展していきます。

ケンゴは紅霞にオーナーにならないかと迫られますが、それを拒否します。



でも、紅霞とか変わることでhIEが大嫌いだったケンゴの気持ちに変化が訪れます。



アラトにhIEのことが嫌いなんだなと問われたケンゴですが、

「人間のほうが好きに決まっているじゃないですか」と答えました。



紅霞と関わったことでhIEへの嫌悪感が少し溶けてきていると管理人は感じました。

スポンサーリンク




まとめ

村主ケンゴは抗体ネットワークの情報役というポジションです。

抗体ネットワークへ参加した理由は、父の仕事をhIEによって傷つけられていると感じたからでした。



紅霞との出会いがケンゴのhIEの嫌悪感を少しずつ解消しているという3本立てでお送りました。



家族思いなんだと思います。でも、紅霞とオーナー契約を結んでほしかったですね。紅霞はケンゴのために戦いにいったも同然ですからね。



そして、ケンゴのために機能停止まで追い込まれた紅霞なのですから。

これからもBEATLESS(ビートレス)についてあなたの気になる情報をどんどん配信していきますのでよかったらBookmarkしてくださいね。

こちらの記事もおすすめです♪順番に読むとあなたの知らない情報が満載です!!
BEATLESS(ビートレス)村主ケンゴの秘密とは?
文字
海内紫織が裏切られ結末!実はアラトが好き?
海内リョウを狙った事件の真相
マリナ・サフランの製造の理由と目的とは
BEATLESS(ビートレス)の抗体ネットワークの中枢とは!

レイシア級hIEについてはこちら♪
BEATLESS(ビートレス)紅霞を奪ったものの正体は?
BEATLESS(ビートレス)スノウドロップの目的が恐ろしい!!
BEATLESS(ビートレス)メトーデのオーナーと正体とは!
アラトとレイシアが描く未来
BEATLESS(ビートレス)レイシアの正体と結末とは!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする