デビルズライン|安斎結貴の正体をネタバレ!父と母はどんな人物?





デビルズラインは講談社の雑誌「月刊モーニングtwo」で2013年から連載している漫画です。



この世界にはヒトに紛れて「ある者」たちが暮らしています。それを知っている者は並外れた身体能力を持ち、ヒトの血を啜る存在でした。

その存在は、彼らを「鬼」と呼び、恐れました。



「鬼」たちの吸血事件に対し、警察は秘密裏に鬼専門の捜査チームを編成していました。

それが警視庁公安五課です。



そのメンバーには吸血の経緯を持たない「鬼」も捜査官としてとして配属されていました。

公安五課F班所属の安斎結貴は「鬼」とヒトのハーフであったが、かつて吸血浴を感じたことはなかったので配属されました。

ある連続暴行吸血鬼事件にあたっていた、安斎は平つかさという大学院生に出会います。

「鬼」からつかさを救った安斎は彼女に対して感じたことない衝動を覚えてしまいます。



それは安斎にとっての鬼の本能の目覚めなのか、それとも?



今後の展開が期待される「デビルズライン」ですがアニメ化もされましたし、田んぼシミですよね!



そんな「デビルズライン」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル 大広告

 デビルズライン│安斎結貴の正体をネタバレ!

ハイブリッヂ計画第15期において鬼とのハーフとして生まれ、計画に参加してた父による代理出産で生まれた。



幼い頃から吸血欲に乏しかったため、監視されながら育ち、ONLO高等学校を卒業後、警視庁公安五課F班に配属されます。階級は巡査。



過去のトラウマから鬼の吸血欲を嫌悪していて、当初は鬼と人間は別々に生きていくべきと考えていました。



しかし、捜査中に平司と出会い吸血欲が覚醒してしまいます。

つかさを傷つけないかと不安に思いながらも恋愛関係ととなり、吸血鬼抑制のためのトレーニングに協力してもらうようになります。

 デイビルズラインの安斎の父親と母親はどんな人物?

晴れて結ばた結貴とつかさは結貴の過去を知る医者・加納の頼みで吸血鬼の人権確保活動をしている組織「R2PC」の委員会に接触します。



その委員会には結貴の母(佐古みどり/佐古みどり)

出席していて、彼女はヒトと吸血鬼の性交渉を規制する法律の撤廃を要求しました。



しかし、結貴は彼女が自分の母だとはしりません。

委員会のあと、つかさとレストランへ向かう背中ですれ違うと彼女は結貴の背中をみて涙を流すのです。

そして結貴の父である安斎環に、彼が立派に育ったことを報告します。

 まとめ

私はこの漫画のあらすじを見てとても面白そうと思いました。

録画予約もしましたし、もし、アニメをみて続きが気になるならまとめ買いしてもいいと思っています。



結局、鬼とヒトは一緒に生きられるのでしょうか?

今後の展開に注目ですね!

フールー紹介

アニチューブが規制され違法にアップロードされた動画サイト今後どんどん視聴できなくなります!!

でもこんなサイトを使っているとウィルスによりパソコンの情報を取られ悪用されたりとか.....(・・;)

そんな被害が増えるよりは良かったかとんじゃないかと思います。

でも、東京に住んでいれば深夜アニメをリアルタイムで観ることができますが、
地方だとほとんど放送されていません!

でも私のように深夜アニメもみたい方は多いはず!!!

そんなアニメ好きなあなたにはHuluという動画配信サービスがオススメです♪

動画配信サービスはFODやdアニメストアなどたくさんありますが、
お試しするのにヤフーIDが必要だったりとひと手間かったりとかなり面倒です。

dアニメストアの場合だとアニメしか視聴することができません。

Huluはお試し登録も簡単で
深夜アニメはもちろんアンパンマンなどのキッズ向けアニメ、

国内ドラマ、海外ドラマなど非常にバランスが取れているのが特徴的です。

なにより自分だけが深夜アニメを楽しむだけでなく、
家族みんなが楽しめるのがいいですよね\(^o^)/

お試し期間があるのでまずは2週間使い込んでください(笑)

こちらにリンクを貼っておきますので興味がある方はどうぞ♪
↓↓↓
2週間の無料トライアル

スマホやパソコン、テレビなどデバイスを選ばないのがいいですよね♪

通勤などのちょっとした時間で大好きなアニメが楽しめます\(^o^)/

スポンサーリンク
レクタングル 大広告
レクタングル 大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする