すかすかネタバレ!アルマリアの正体は?【終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?】


この記事は終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?(すかすか)のアルマリアについての記事です。アルマリアの正体についてせまりたいと思います。ネタバレを含むためネタバレが苦手な方は注意してください。アルマリアと夢さらには獣との関係についてみていきましょう。

もう怪しい海外サイトからアニメを探しに悩む必要なし!

アニメ好きなら知らなきゃ損!!合法的にアニメをストレスなくサクサク見る方法はこちら


スポンサーリンク
レクタングル 大広告

アルマリアについて


すかすかの1話で登場したアルマリアは養育院でヴィレムのことをおとーさんと読んでいましたよね。アルマリア自身、養育院に預けられる前は当たり前ですが、母親も父親もいましたがあまり顔を覚えていないということです。

父親のようにあれこれ面倒をみていたヴィレムのことをいつの間にか、おとーさんと言うようになったようです。このおとーさんと言う呼び方はかなり重要なワードとなります。


アルマリアの夢の正体


ヴィレムは飛空艇からアニメすかすかの1話放送時に、ネフレンを抱えながら飛空艇から落ちていきました。そして、落ちた先には大量に群がる獣がいて、魔力を起こし無茶をして戦いました。そしてその戦いのなか、ヴィレムは力尽きたと思っていました。

しかし、気がつくとネフレンもヴィレム自身も生きており、アルマリアがそこにはいました。夢の世界だとヴィレムは感じたが、とりあえず3人で食事をすることになりました。しかし、その時ヴィレムの耳に「・・・と・・さ、ん・・・」という声が聞こえたような気がしました。


アルマリアはよく夢をみると言っています。広大な灰色の大地に、時折名も知らない獣が横切っていく夢をみるとい言います。このアルマリアの夢の正体は本来最初にあったこの星の風景についての夢であるということです。つまりアルマリアの夢の正体は本来の星の姿です。


アルマリアの正体についてネタバレ



アルマリアはなぜこの夢をみるのか。それはアルマリアの正体が獣だからです。アルマリアは、ただの獣ではなく、17種の獣の最初の獣である月に嘆く最初の獣(シャントル)でした。

おとーさんと呼ぶのはやはりアルマリアが獣であるという伏線でしたね。なぜヴィレムとネフレンがアルマリアに会えたのか気になりますよね。それはアルマリアが獣になり、ヴィレムとネフレン精神を引き込み、夢の世界に閉じ込めたからです。

500年以上もアルマリアはヴィレムの帰りを待っていました。なんとも切ない話ですね。アルマリアはどうして獣になったのかについてもネタバレしていきます。


アルマリアが月に嘆く最初の獣(シャントル)となった理由とは



もともと人間という種族は星神の魂の欠片を使用して、獣から神に似せて作ったものが人間ということでした。衝撃的なネタバレですけどね。しかし、ヴィレムたちのいる星には、人間が増えすぎてしまった。そうなると人間が獣にもどってしまいます。そうしてアルマリアは、人間から獣に変化したようです。

なのでもともとアルマリア自身というより人間みんなが獣ということでした。


今回はアルマリアの正体について迫ったきました。人間の正体はなんと獣から星神が自分たちの魂の欠片を使用して生み出したものということでした。さらにアルマリアの夢の正体は、星神がこの星にやってきたときの最初の風景であるということでした。


関連記事はこちら
すかすかの続編・2期はいつ?すかもかの主人公とヒロインは?new!!
すかすかのネタバレ!ヴィレムの正体は?オススメ!
すかすかのネタバレ!クトリの正体は?
すかすかのネタバレ!クトリの結末は!?
すかすかのネタバレ!スウォン・カンデルの正体は?
すかすかのネタバレ!アイセアは侵食されている?
すかすかのネタバレ!ニルス師匠の正体は?
すかすかネタバレ!リーリァの正体は?
すかすかのネタバレ!アルマリアの正体は?
すかすかのネタバレ!えるくの正体は?


終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?(すかすか)1巻から最終巻の5巻までのネタバレはこちら
すかすかのネタバレ1巻!月に嘆く最初の獣の正体は?
すかすかのネタバレ2巻!作戦は失敗?侵食の正体とは!
すかすか3巻のネタバレ!アイセアの秘密とは?
すかすかのネタバレ4巻!人間の真実に驚きを隠せない!!
すかすかのネタバレ5巻!クトリが復活する?オススメ!


まだまだすかすかのネタバレなど情報を配信してきますので、よかったらブックマークをお願いします。

もう怪しい海外サイトからアニメを探しに悩む必要なし!

アニメ好きなら知らなきゃ損!!合法的にアニメをストレスなくサクサク見る方法はこちら

スポンサーリンク
レクタングル 大広告
レクタングル 大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする