アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

ネタバレが気になるアニメ好きサイト

仕事のストレスをアニメで解消していただけの私が、

自由の第1歩を踏み出すきっかけになった、

だいぽんさんの『自由な人生を手に入れる教科書』を紹介します。

読めばあなたも自由な人生を想像でき、

いま会社で悩みを抱えているなら、すっと気持ちが楽になるそんな一冊です。

『自由な人生を手に入れるための教科書』

だいぽんさん(daipon 濱田大輔)の電子書籍

現在無料でダウンロードできます。

>無料ダウンロードはコチラ

アマゾンでは1000円で販売されていますが、

今だけ無料なので早めに手に入れておくことをオススメします。

【必読】アマゾンでは1000円ですが、今だけ無料!!
会社にとらわれず自由な人生を手にするために必要な一冊はコチラ

だいぽんさんの「自由な人生を手に入れる教科書」を紹介!

初心者がネットを使って、いかに自由を手に入れるかその答えとは?

 

時給720円の元皿洗いから1億円を稼ぐようになった

だいぽんさんの「自由な人生を手に入れる教科書」を無料提供!

ヴァイオレットエヴァーガーデンの過去と名前に込めた思い!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!


原作の『ヴァイオレットエヴァーガーデン』を読んだ管理人がヴァイオレットがギルベルト少佐に出会うまでの過去についてお話しましょう♪

ヴァイオレットの過去はとても気になりますよね。ギルベルト少佐に育てられるようになった過去についてもみていきます。

さらには、ヴァイオレットに込めれれた意味についても考察していきますね♪

ネタバレを含むため、ネタバレが嫌いな方は注意してください。

ヴァイオレットの過去とは

ヴァイオレットの過去に何があって、どうやって育ったらあの戦闘力になるのでしょうか。

今回は、ヴァイオレットの過去に注目していきたいと思います。何かの軍に所属してエリートとして育てられたのか過去は謎につつまれています。

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の原作を読んだ私があなたに教えましょう♪

ヴァイオレットの過去は実は記憶がありません。

過去というのは、ある島でギルベルト少佐である兄のディートフリート・ブーゲンビリアに拾われました。当時10歳くらいの少女だったようです。

なぜ10歳ぐらいとあいまいになるかというとヴァイオレット自身も年齢を覚えていないし、そもそもヴァイオレット自身は言葉をしゃべることも話す言葉を理解することもほとんどできていなかったのです!!

ヴァイオレットの過去は謎だらけです。それまでどうやって生きて、どのように育てられたのか本当に疑問に思います。ただ、それより幼少期のことは原作でも描かれていません。

ギルベルトの兄であるディートフリート見つかったときにはすでに圧倒的な戦闘力を保有し、恐らく単騎での戦いではヴァイオレットに勝てる者はいないでしょう。

ヴァイオレットがギルベルト少佐に育てられるようになった過去と理由

ディートフリートに拾われた、ヴァイオレットがなぜギルベルト少佐のもとにいるのでしょうか。

ギルベルト少佐が兄のディートフリートにヴァイオレットを押し付けられたから。

ディートフリートはヴァイオレットを利用していました。人形のようで感情もなく、命令を待つだけの道具、いつかは自分もヴァイオレットに命を奪われるのではないかという恐怖心が存在していました。

ディートフリートは弟のギルベルト少佐に恐怖心からヴァイオレットをおしつけたのです!!

ギルベルトの昇進祝いにかこつけて武器をやると言ってヴァイオレットを渡しました。

こうして、ヴァイオレットはギルベルト少佐に育てられることとなりました。

乱暴に扱われるヴァイオレットをギルベルト少佐が抱き寄せたときヴァイオレットをぶるっと身震いをしました。

そのときヴァイオレットはどう感じたのでしょうか。

初めて敵意ではなく守られているという感覚に、なんともいえない暖かさを感じそれをどうしもなく体が身震となって表現したと管理人は考えています。

ギルベルト少佐がつけたヴァイオレットという名前にこめた意味とは

ヴァイオレットは、自身の名前も知らない少女でした。

ギルベルト少佐が彼女をヴァイオレットと名付けたのです。

ではヴァイオレットとギルベルト少佐が名付けたこのヴァイオレットにどんな意味があるのか調べてみました。

ヴァイオレットにギルベルト少佐が初めて与えたのが名前でした。この名前に相応しい女性になるように思いをこめて。

ヴァイオレットは菫(すみれ)という花の英名です。

すみれの写真はこちら

菫にの花言葉は3つあります。

  1. 謙虚
  2. 誠実
  3. 小さな幸せ

ギルベルト少佐はどれもこの花言葉の通りヴァイオレットが育って欲しいと考えていたんだと思います。

ただやはり、一番ヴァイオレットにそうなって欲しかったのは3つ目の小さな幸せだったかもしれませんね。

幼少期の記憶もなく命令に従うだけの感情のない人形のような少女に少しでも小さな幸せが訪れればいいとギルベルト少佐は願っていたのだと管理人は感じます。

そうですよね原作者様!!

まとめ

『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の主人公であるヴァイオレットの過去についてみていきました。

ヴァイオレットはギルベルト少佐の兄であるディートフリートが島で拾った名前のない少女。

言葉もしゃべれない、ほとんど言葉も理解できない。ただ命令を求めて従うだけの感情のない人形でした。どうしてこうなってしまったのか、これ以前の過去は不明です。

原作でも語られていません。

ただ、ヴァイオレットが少佐とともに戦うようになった過去、名前をもらったヴァイオレットの過去については少しお分かりいただけたのではないでしょうか。

アニメ『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の放送がとても楽しみでいつもワクワクしています。

ではでは最期まで読んでいただきありがとうございました♪
 
 
これからも『ヴァイオレットエヴァーガーデン』についてみなさんが気になる情報を発信していきます♪

よかったらBookmarkをお願いします!

あなたがまだ知らない『ヴァイオレットエヴァーガーデン』の気になる記事はこちら♪
ギルベルト少佐は生きているのか?
ヴァイオレットの過去と名前に込めた意味
ギルベルト少佐はどこで何をしている?
『ヴァイオレットエヴァーガーデン』原作の上巻と下巻の結末をネタバレ!

この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2018 All Rights Reserved.