お問い合わせ
LINE
:

アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

【神之塔】ラヘルが目的にこだわる理由と裏切りを徹底解説!!

kentaro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

神之塔のヒロインのラヘルについての記事になります。

ラヘルは、主人公である夜が塔を登る理由です。ヒロインでありながら考えられない行動をとったりします。

・ラヘルは何を目的に神之塔をのぼるのか
・なぜしたっている夜を裏切り続けるのか
・ラヘルの正体や強さとは
・神之塔1話に隠された取引相手とは

上記の疑問についての記事になります。

ここからは、ネタバレを含むので気になる方は先を読んでいって下さいね(^^)

 

【神之塔】ラヘルの目的について

ラヘルが神之塔を登ろうとする目的と、なぜ神之塔を登ることにこだわっているのか解説していきます。

ラヘルが神之塔を登る目的は?

ラヘルが神之塔を登る目的は、塔の頂上のほうぃ「星を見ること」です。

星を見るために、夜をおいて神之塔に登ることを決めました。ずっと神之塔に登ることを願っていたようです。

ネタバレになりますが、ラヘルはしかし望まれて塔に入れる様になったわけではありません。なぜならネタバレになりますが、非選別者だからです。

 

なぜラヘルは目的にこだわり続けるのか

ラヘルが塔を登るという目的にこだわる理由は、夜が怖いから。

ここの夜というのは主人公の夜という意味ではありません。暗闇が広がり続けるこの世界の夜が怖いと言っています。

ラヘルは、ある日塔の頂上に登る夢をみます。そこには空いっぱいにきらきらと輝く星が広がっていました。神之塔の頂上に登ったときの夢をみてから忘れられないのです。

それだけなら良かったのですが、何度も同じ夢を見ることで星の輝きにとりつかれている。星がない夜が怖いと感じるようになっているため、塔を登ることにこだわっています。

神之塔の1話で夜にラヘルが言っていましたよね。

「塔の頂上に登ってまた生まれ変わるのを願っていて」的なことを。

ラヘルの本当の目的は、さまざまな裏切りや罪から開放されるために生まれ変わることなんじゃないかなと管理人は思っています。あくまで私の意見です(^^)。

裏切りについては次に解説していきますね。

 

ラヘルの裏切りについて

ラヘルはヒロインでありながらかなり嫌われています。なぜならあんなにも素直な夜ですらあっさりと裏切るから。

そんなラヘルが犯してしまった裏切り行為について解説します。

 

ラヘルは2階の最終試験での裏切り行為

ラヘルは2階の最終試験「潜魚狩り」で夜を裏切った。

夜はラヘルの不合格を一発逆転でひっくり返すために最終試験にのぞみます。ちなみにすでに夜は合格していました。

ただ、ラヘルのためにだけのために。なぜなら夜の生きる理由そのものがラヘルの存在になっているからです。

試験の終盤に神之水で作られた膜の中から夜とラヘルは二人きりでした。膜から出るとまわりは水なので溺れてしまいます。

そんな中、ラヘルは夜を裏切り神之水でできた膜の外に夜を追い出したのです。

どんなことをしてもラヘルは塔を登りたい。夜に対してですら目的のためなら手段を選ばないのです。

ラヘルさんの声優さん好きなのに、ラヘルは好きになれないメメメΣ(●´д`●)。でも本当は何か理由がありそう、、、。いや理由があってほしいと望む管理人。

 

ラヘルのうらで誰かが糸をひいている?

ラヘルはFUGというメンバーの一員で、ラへルのうらで誰かが糸をひいている。

本当にただ、星を見ることが目的かどうかは先程怪しい。FUGという組織にただ利用されているような気がしますが、、、。

FUGというのは、王ザハードと十家紋を打倒しようている組織です。FUGに11人のポジションがありスレイヤーは、その中で最強のものに与えられます。

 

ラヘルは裏切ったように見せかけて夜を助けている?

神之塔ではラヘルをあえて悪者にしている演出が多い。

冒頭からラヘルは誰がどうみても、ヒロインポジションになりあります。しかしなたが、夜を裏切ったり、影でこそこそしたりと、、、。

ラヘルは夜に教えています。

「人を裏切ってはいけない」と。

そんなラヘルが果たして夜を裏切っているのか、本当のところ疑問です。裏切っているようにみせて、のちのちひっくり返す何かが出てくるのではと管理人は思っています。

なぜなら先程の通り、ラヘルを悪者にする演出があからさまだからです。みなさんはどうお考えでしょうか?

 

ラヘルの正体は?

ラヘルの正体は非選別者です。ただし、夜とは違ってヘドンに塔に望まれて入ったものではないと言われている。

ミッシェル・ライト=ラヘルです。

次はラヘルの強さについてみていきます。

 

ラヘルの強さ

非選別者は塔に大きな影響を与えます。ランク2位の非選別者はザハードの側近を次々と倒しています。非選別者のラヘルの強さをほりさげます。

 

灯台守としての実力

ラヘルの灯台守としての実力に関しては、いたって平凡です。

非選別者であるからと言って、特に過ぎれた灯台守としてのセンスや能力があるわけではありません。

ラヘルとクンと比較するとクンのほうが圧倒的にすぐれた状況判断と計画性をみせているように描かれています。

 

ラヘルの一番の強さ

ラヘルの一番の強さは、ひとを巻き込む力です。

周りの感情を上手に利用することで、自身の味方につけています。

特に夜を利用することで夜のことを好意的に思っているひとたち全員の協力を得て、2階の試験に挑むことになりました。

ラヘルは本当は失格だったのに、それをまぬがれるために。

目的のためには、手段を選ばない強さがラヘルのストロングポイントです。

 

ラヘルの人間関係

ラヘルの人間関係についてみていきます。

 

ラヘルと夜の関係

夜はラヘルに好意をもっているが、ラヘルは夜のことを利用しているだけ。

管理人の私が読みすすめている範囲でいうと、ラヘルは夜のことを好きという恋愛感情は持っていません。

むしろお姉さんのようなポジションです。

そもそもラヘル=ヒロインっていう考えが間違っているのかもしれませんが、、、、。

 

ラヘルとクンとの関係

頭脳派であるラヘルとクンで、どちらが優秀かと言うとやはりクンのほうが上手。

なぜなら、ラヘルが自覚している周りの力がないと何もできないことをクンにずばりと言われ激怒しています。

あえてクンはラヘルを怒らせるようなことを言っていますが、さらっと流せないラヘルはクンには及ばない。

 

ラヘルとエンドロシの関係

エンドロシは夜にとても積極的で真のヒロインの可能性もあります!

人気で言うとラヘルより圧倒的にエンドロシのほうが高いのは、ネットを読んでいると伝わってきます。

エンドロシは夜の素直さをすごく気にいっており、一緒にいてつかれない最初の人が夜です。

ラヘルとエンドロシは、2階の試験では共闘していましたがそれは成り行き。

神之塔は恋愛要素は少なめですが、二人は夜のことで争うところも今後あれば面白そうですね。

 

ラヘルの取引相手

ネタバレになりますが、ラヘルは実は1階の夜の試験を隠れてみていました。そして、ある人物たちと取引をしています。

 

ヘドンとの取引

ラヘルはヘドンに利用されている可能性が高い。

ラヘルは、夜が最初の試験を突破したとあとにヘドンに取引をもちかけられています。

非選別者であるラヘルは、ヘドンに夜と同じ無理な蝶うなぎの試験をかせれています。試験を突破させる代わりに、ヘドンと取引をし最初の試験の後、総試験監督ユハンに会っています。

おそらく取引の内容として夜を蹴落とすようにということでしょうね。

 

ユハンとの取引

ラヘルは、悪霊(正体不明の大男)とチームを組んでいるのはユハンの指示です。

ユハンは、ラヘルに宣言をしています。

 

仲間、資格、力すべて夜から奪うということを。

 

ユハンは何を考えているのかわかりません。一見すると敵にみえますが、実際は影でザハードから優秀な人材を保護しているふうにもみえます。

ユハンはラヘルに赤髪のカレンを紹介しています。つまり、カレンがラヘルを攻撃するのもすべてが計画どおりで、2階の試験はすべてユハンの計画どおり。

ラヘルは、2階の最終試験で夜をつきとばしたのユハンの夜をザハードから守るという計画を実行しただけなのかもしれません。

 

まとめ

今回は、神之塔のヒロインであるラヘルについてまとめて解説しました。

ミシェル=ライトはラヘルであり、正体は非選別者だということ。

ラヘルは取引をしていて、夜に対しての裏切り行為は本心でそうしたいと思っているのではないが、夜を守るために行っていると管理人は考えています。

ラヘルの裏切り行為の本当の理由は最後の方であかされるんだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも神之塔について記事を書いていくので良かったら他の記事も読んで下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2020 All Rights Reserved.