お問い合わせ
LINE
:

アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

リゼロ17巻のネタバレ!亡くなったはずの剣聖がまさかの復活?

WRITER
 

最新情報!!

やばい、ヤバイ、ついにヤバイ!!リゼロの2期の制作決定しました!!!さらにさらにリゼロ2期のPVが公開されています!!今すぐあのリゼロ特有のの絶望感を味わって下さい(*´∀`*)

リゼロ2期の超新作PVはコチラ

最近アニメ好き管理人がハマっている深夜に放送中の『盾の勇者の成り上がり』について超オススメ記事がコチラ!!ぜひぜひ読んでみてね!!


☆超必見!!こちらの記事がたくさんの方に読まれています☆
史上最高に悪どい?マインの悪事の顛末について
実はかなり偉大な功績があるオルトクレイを紐解く
次期フィロリアルクイーンのフィーロの真実はこちら
最強の敵グラス!!その正体と真の目的について徹底追求

この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!

リゼロ17巻のネタバレ記事になります。

いよいよ大罪司教との激しい激突に、わくわくが止まりません。さっそくリゼロ17巻のネタバレに入ります。

 

リゼロ17巻ストーリのざっくりネタバレ

大罪司教のユリウスにラインハルトとスバルでのぞみ、ラインハルトがユリウスを手刀にて体を両断。

しかし、手刀でのユリウスへの攻撃のダメージが、同じようにスバルや周りの人々にも影響し、スバルは命を落としループする。

次に、スバルとベアトリスとエミリアでシリウスに挑むが、乱入した強欲の大罪司教レグルスにエミリアを連れさらわれる。シリウスも別の目的があり、その場を離脱する。

別の場所にて、ガーフィールとミミが二人の激強な魔女教徒と戦闘になる。圧倒的な強さにミミが重症を負い、ガーフィールも死がせまる寸前で撤退した。

水門の制御塔4つ中央庁舎が3人の大罪司教たちによって制圧される。

スバル、ガーフィール、リカード、ユリウス、クルシュ、ヴィルヘルムの6人で中央庁舎の大罪司教色欲のカペラをつぶしに行く。

もうワクワクの展開ですね。

中央庁舎の広間でスバルたち6人VS二人の剣士の戦い。優勢にみえたスバルたちをあざ笑うかのように色欲の大罪司教カペラが登場し、形勢逆転。

スバルとユリウス、クルシュの三人は色欲を追い、中央庁舎の最上階へ。ガーフィールとリカード、ヴィルヘルム3人は引き続き激強な2人の魔女教徒と戦う。そこで暴食の大罪司教とロイ・アルファルドとの戦いが始まる。

ユリウスに大罪司教ロイとの戦いを預けて、スバルとクルシュは色欲のカペラを追う。

カペラの変身能力にだまされ、クルシュは倒され地面に横たわり、スバルが単独でカペラと戦うこととなる。

リゼロの17巻の新たなネタバレ

リゼロ17巻でもいろいろな事実が発覚しましたね。

いやいやでは、もったいぶらずにリゼロ17巻のネタバレに入りましょう。

 

ガーフィールとフレデリカの母親に似た人物がいる?

ネタバレになります。ガーフィールの母親は実は生きていました。記憶を失っており、別名を名乗っています。

結婚もしており、二人の子供と旦那がいるのです。幸せに暮らしているガーフィールの母親でした。

それをみて、自分は息子だと言い出せずに、もやもやして号泣してしまうガーフィール。それをなぐさめるミミが良かった。

 

リゼロ16巻ですれ違った白スーツの男の正体が発覚

リゼロ16巻でエミリアにぶつかってきたあいつは、なんと強欲の大罪司教であるレグルスでした。

16巻では気が付かなかったです~~。あー、まっそんな頭良くないからね。

 

銀髪に妻になるように言ったのは、フェルトなのことだったんですね。やっとつながった。エミリアもなにか見覚えがあると言っていたけど、それは、100年前に自分が冷凍睡眠する前に、レグルスとは出会っているもんね。

 

やっとつながって本当に良かった(^o^)。

 

憤怒の大罪司教であるシリウスの能力についてネタバレ

シリウスの存在を知覚した時点で、精神の影響が現れる。相手の精神状態を煽動することができる。精神的なダメージだけでなく、身体的なダメージも伝染させることができる。

つまりラインハルトが、ユリウスを手刀で両断したとき、スバルや周りの人間も両断されてしまうというということ。

簡単に言うと感情と感覚の共有という能力です。

どうやってシリウスを攻略していくのか管理人には、全くわからーーん(*´ω`*)。

 

ラインハルトは世界の異常者の頂点である。

ベアトリス曰く、すべてのマナがラインハルトに従おうとする。

そうなると精霊も魔法使いもラインハルトのいる中心点では平常を保てなくなる。

ラインハルトは規格外の存在ですね。

なのでベアトリスは、ラインハルトの前ではいくら大精霊であったとしてもただの女の子になってしまいます。パックの天敵もラインハルトになってしまうんでしょうね。

 

色欲の大罪司教であるカペラの目的は?

水門都市プリステラにある、魔女の遺骨です。

魔女の遺骨は、水門都市の最重要の機密。10人会の人間しか知らない。その10人会の人間も何者かによって消されています。犯人は一体だれなのでしょうか?

いや~気になりますね。魔女教とは別の意思が働いているのは確かです。

私のブログを読み続けたらわかりますよ(*´∀`)

 

ガーフイールとミミが戦った二人の魔女教徒の正体とは?

いきなりネタバレを言っていきますね。

一人目は、クルガンです。伝説の腕が6本ある全盛期のヴィルヘルムと互角の強さのあるあのクルガンです。それは、さすがにガーフィールとミミのコンビでは対抗できませんよね。

2人目は超驚きです。まさかの、テレシア・ヴァン・アストレアです。先代の剣聖ですよ。勝てるはずなありませよね。どうやって攻略するか検討もつきません。

実際、17巻では、ガーフィールとリカード、ヴィルヘルムで挑んでいますが、決着がリゼロ17巻ではつきませんでした。

 

ミミの傷が治らない理由とは?

激強の二人の二人の魔女教徒風の剣士にやられたミミの傷がフェリスによっても治りません。

その理由は、剣士の一人が先代の剣聖テレシアだからです。

テレシアの『死神の加護』によって、テレシアによって傷つけられた傷は、塞がることがありません。テレシアが命を落とせば加護も消えるようです。

テレシアさんに怪我させられた人は、もうご愁傷様ですとしか言いようがないですね(´;ω;`)

 

リゼロ17巻感想

かなり面白かったです。バトルがシーンが多めで問題が出てくる出てくる。

エミリアは、強欲の大罪司教レグルスに連れさらわれるし、伝説の剣士や剣聖であるクルガンやテレシアまで敵になって出てくるしで勝ち目がないのかなと思えてきます。

 

今回の最大のアルの謎発言。『暴食の大罪司教に名前を教えるな』というスバルに対してのアルの助言。アルは一体何を知っているのか?とても疑問が残ります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2019 All Rights Reserved.