リゼロ2期:ロズワールとラムが聖域から戻らない理由!

この記事では、リゼロ2期において、エミリア陣営が大変なときにロズワールが聖域から戻れない理由、さらに住民を避難させたラムが聖域から戻らない理由について解説しています。

この記事を読むとわかる点は3つです

  • ロズワールとラムが聖域から戻らない理由
  • 聖域を抜ける条件
  • フレデリカはなぜ聖域の外にいる

では、聖域から抜けられない理由について解説していきます。

 

スポンサーリンク

リゼロ2期:ロズワールとラムが聖域から戻らない理由!

ロズワールとラムが聖域から戻れない理由は、結界によって閉じ込められているからです。

これが結論になります。

 

この聖域にある結界を説かなければ、聖域から出ることができません。ただ、ロズワールやラム自身は結界から出ることはできます。この聖域の結界に閉じ込められてしまうのは、混じりと呼ばれる人たちだけになっています。

例えば、ハーフエルフのエミリア、人と獣のハーフであるガーフィールやフレデリカ等です。聖域にはたくさんの差別を受けた混血が住んでいます。訳ありの集団なのです。

 

スポンサーリンク

なぜ、ハーフではないロズワールやラムは結界から抜けなかったのか?

結論として、ガーフィールに脅されているからです。

ガーフィールは、自分たちだけ結界の外に出て自由になるのは、おかしいと考えています。聖域の住民は結界によって外の世界に出ることができない。それを解消しようと、ロズワールやラムを聖域の外から出さないようにしむけているのです。

もしも、聖域から抜けようとすれば、ガーフィールは避難した住民の命を奪うからロズワールもラムも身動きがとれなかったのです。

ちなみにガーフィールの実力は、ロズワールに匹敵するほどの強さを有しています。ガーフィールの目を盗んで聖域からアーラム村の村人全員を避難させることは非常に困難と言えます。

 

スポンサーリンク

なぜフレデリカは、聖域を抜けられるのか?

ここで疑問がわきます。なぜガーフィールの姉であるロズワール邸の使用人であるフレデリカは、聖域の結界を抜けることができるのでしょうか。

結論は、結界はハーフのみを閉じ込めるから。結界は、ハーフより薄い血には反応しない。

つまりフレデリカはハーフではないのです。そのため、自由にフレデリカは聖域を抜けられるのです。

 

スポンサーリンク

ロズワールが聖域の試練に望んだ結果

ロズワールは聖域の結界を開放するために試練に望むことにしました。

しかし、聖域の試練に望む条件は混じりであること。つまり混血でないと試練に参加することができないのです。ロズワールは、魔法を極めた人間なので(ピエロみたいで人間には見えませんが)試練から拒絶されて、ズタボロの重症を負っています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ロズワールとラムが聖域から戻ってこない理由について解説しました。

理由としては、村人を人質に聖域の結界を開放することを条件にされたためでした。

その聖域の開放の条件は、墓所にある聖域の試練を突破することだが、ロズワールにはその資格がなかったということでした。

 

これからも、リゼロ2期におけるさまざま伏線、謎についてせまってネタバレしていきますので、このサイトをスマホのホーム画面に登録しておいてください。重要な情報を見逃したくない方は、おすすめです(*^^*)

関連記事はこちら

【最新】2020年6月発売リゼロ23巻のストーリから結末まで内容を徹底解説【ネタバレあり】

☆よく読まれている記事3選☆
アニメ2期:聖域編から水門都市編までネタバレ!ストーリから結末まで完全網羅!
暴食の大罪司教の正体!権能と3つの人格について解説!!
サテラの正体がエミリアと確信する3つの理由!
スバル
スバルの正体とは?
スバルが正体をつかんだエキドナとは?
スバルの能力覚醒!強欲の権能について暴露!!
スバルの覚醒はいつ?覚醒能力は強い?
スバルが怠惰の能力を吸収するときがくる!!
エミリア
サテラとエミリアの関係性を考察!本当に親子なの?
サテラの正体がエミリアと確信する3つの理由!
レム
レムの復活はいつか明言!2期で活躍しないは誤りの理由とは?
レムの復活の可能性についてネタバレ?いつかは来る?
レムが結婚についてみんなが誤解していること!実際のところ・・・?
ロズワール
ロズワールの正体をネタバレ!目的が黒すぎる!!
ロズワールが黒幕?エルザとの関係を暴露!
ロズワールの強さと魔女教との関係について
ロズワールとラムの関係は?レムとは違う?
ロズワールの声優とは?女性が演じている?
ガーフィール
陣営最強のガーフィールの強さとは【過去の戦歴を紹介するよ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました