お問い合わせ
LINE
:

アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

リゼロ2期:ロズワールが聖域に留まり続けた真の理由を解説!

kentaro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

リゼロ2期においてロズワールが、聖域から抜け出さなかった本当の理由について解説していきます。

この記事を読むことで以下の3つのことが分かります。

  • ロズワールが聖域にとどまる真の理由
  • ロズワールの黒さ
  • スバルを共犯者にしたい

みなさんもロズワール邸に魔女教が襲撃にきて、大変なことになっているのに、なぜロズワールは助けにこないのか疑問に思いませんでしたか?

では、リゼロ2期においてロズワールが聖域にとどまった理由についてネタバレありで解説していきます。ネタバレが嫌いな方は注意してください。

 

リゼロ2期:ロズワールが聖域に留まり続けた真の理由を解説!

ロズワールが聖域に留まり続けた真理由は、

エミリアとスバルを成長させたかったから

なのです。

これにつきます。

そもそも聖域の結界には、ロズワールは引っかかりません。なぜなら結界に引っかかる条件というのは、ハーフであることだからです。ロズワールは変なカッコをしていますが、要はただの魔法が超絶得意な人間です。

ロズワールはあえて、エミリアとスバルの成長を見守るがために、聖域にとどまることを自ら選択しています。でも、ポーズとして聖域の結界を解くための試練を受け大怪我をしたりとなにげに体を張っています。

ガーフィールの聖域の結界の開放という願いもうまく利用した形となっています。

ロズワールは、エミリアの成長のために聖域に留まり続けました。結果、ロズワールの意図通りにエミリアはロズワール領の人々からある一定の信頼を勝ち取ることができました。スバルにしても、ロズワール領だけでなく、白鯨を討伐したことでルグニカでも有名な存在となりある一定の信頼を獲得しています。

そしてロズワールは、エミリアを王にするため、王戦で勝ち抜くと決めています。そのために、スバルを共犯者として育てないといけないのです。

 

ロズワールは王戦で勝ち抜くためにスバル強い共犯者にしたい

ロズワールの目的の一つとして王戦でエミリアを王にするということ。

そのためには、目的のために突き進むスバルが必要不可欠であることを『叡智の書』にて知っています。ロズワールはスバルをエミリアを王にするという共犯者に仕立て上げようとしています。

ではなぜ、協力者ではなく共犯者なのか。
それは、スバルが甘いから。つまり、スバルは何も切り捨てずすべてを拾っている。そうではなく、手段を選ばすにエミリアを王にすること以外は切り捨てる覚悟が必要だとロズワールは考えている。

この考えから、エミリアに刺客を送ったり、魔女教からの襲撃に助けに戻らなかったりしたロズワールの行動に納得できますよね。管理人は、ロズワールを許せませんが・・・(・へ・)

 

まとめ

ロズワールが聖域に留まり続けた真の理由について解説しました。リゼロ2期では、ロズワールの悪事を知ることになります。

ロズワールの目的を達成る姿勢というのは、素晴らしいですが、手段を間違っていると管理人は感じています。本当に黒い、ロズワール。もう真っ黒過ぎてキャラが立ちすぎて面白い。

今回も、ロズワールの記事について書いてしまいました。この記事が少しでも役になったと思われた方は、スマホのホーム画面にこのサイトを登録しておいてくださいね。

これからもリゼロ2期における伏線、謎についてネタバレ満載でお送りしていきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2020 All Rights Reserved.