お問い合わせ
LINE
:

アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

リゼロ2期:聖域の目の正体を解説!リューズ・メイエルとは?

kentaro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

リゼロの2期において聖域の目という言葉がガーフィールの口から飛び出しました。『聖域の目』とは何を意味しているのか、すごく疑問に思っていました。

この記事を読むと、聖域の目についてしっかりと理解できます。聖域の目についてネタバレになりますので、ネタバレが嫌いな方は注意してください。

 

リゼロ2期:聖域の目の正体をネタバレ!

結論から言いますが、聖域の目とは、リューズの複製体による監視の目のことを意味しています。これが、聖域の目の正体です。

実は、リューズはガーフィールの指示に従っていて、聖域のあちこちに散らばっていて、アーラム村の人やスバル、オットー、エミリアを監視しています。

ガーフィールが複数人を監視できるのには、複数人の監視を行う人物がいるためなのです。

 

聖域の目である複数人いるリューズとは

リューズというのは、聖域編のネタバレになってしまいますが、複数人います。なぜ複数人いるかというと、聖域の森の奥になる隠された施設でリューズは生み出されているからです。

隠された施設とは、聖域の試練をスバルが突破した際に、ガーフィールがスバルを監禁した場所になります。そこでは、リューズシリーズの初代であるリューズ・メイエルが聖域の核として眠っています。

リューズ・メイエルの周りには、魔晶石があり一定のマナが蓄積することで新たなリューズが生まれるという理由です。それが、徐々に増えていきリューズの複製体は20体近くになります。

 

リューズ・メイエルについて

リューズ・メイエルについては別の記事にて詳しく解説したいと思いますので、ここでは簡単に解説します。

リューズ・メイエルはリューズシリーズのオリジナルであり、400年前に結界をエキドナが作成するたえに犠牲になった少女のことを指しています。ベアトリスとも仲がよく、聖域の結界になることを自ら望んでなっていました。

なぜ聖域の結界が必要であったかは、エキドナが脅威から逃れるためです。エキドナが恐れている脅威についても別記事で解説していきます。

 

まとめ

今回は、リゼロの2期における聖域編の謎、『聖域の目』について解説を行いました。まとめると聖域の目というのは、リューズの複製体による監視の目ということです。

ガーフィールは、このリューズの監視の目を利用して、スバルやオットー、エミリアの行動を監視していたということでした。

今回の記事があなたにとって少しでも役に立ったと思った方は、これからもたくさんリゼロ2期についての記事をお届けしたいので、スマホのホーム画面にこのサイトを登録しておいて頂けるとうれしいです(*^^*)

では、また別の記事でお会いしましょう(^.^)/~~~

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kentaro
平日は1クール、休日は2クールのアニメに没頭しています。 一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2020 All Rights Reserved.