お問い合わせ
LINE
:

アニメ大好きな管理人が楽しんでいるブログ♪

【盾の勇者の成り上がり】1巻ネタバレ!ラフタリアとの出会い!

WRITER
 

もっとお小遣いがあれば大好きなラノベ買い漁ったり、好きなアニメグッズをたくさん買ったりみたいなことができるのに・・・。

忙しいサラリーマンだと時間もないし・・・。

でも完全放置で月に5000円でもお小遣いが増えた何にお金を使いますか?

私はアニメの視聴用の動画配信サービスを利用した、ラノベ購入して楽しんでいます♪
興味がある方はポッチと覗いてみて下さい。


gaityu300.png

 

もっとお小遣いがあれば大好きなラノベ買い漁ったり、好きなアニメグッズをたくさん買ったりみたいなことができるのに・・・。

忙しいサラリーマンだと時間もないし・・・。

でも完全放置で月に5000円でもお小遣いが増えた何にお金を使いますか?

私はアニメの視聴用の動画配信サービスを利用した、ラノベ購入して楽しんでいます♪
興味がある方はポッチと覗いてみて下さい。


gaityu300.png

 

この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!

盾の勇者の成り上がりの1巻を読みました♪

2019年冬アニメで放送される盾の勇者の成り上がりの内容がいち早く知りたくて購入しちゃいました。

PVを見るだけでも期待が高まっている管理人が今季のアニメ一押しである盾の勇者の成り上がりの1巻を徹底的にネタバレしていきます。

しかも、アニメはなんと2クール放送です!!これはなんとしても24話すべてリアルタイムで見なければ(*´艸`*)

では、盾の勇者の成り上がりの1巻についてネタバレの内容について解説していきます。

ネタバレがあるので先がどうしても知りたい人だけ続きを読んでくださいね♪

 

勇者ナオフミ召喚

本作の主人公は岩谷尚文(いわたになおふみ)大学生で、図書館で四聖武器書という本を読んでいたら異世界へ召喚されてました。

ナオフミは、4人いる勇者の中でも盾の勇者として召喚され、他にも剣、弓、槍の勇者がいます。ナオフミ以外の3人の勇者は、なんらかのトラブルで死ぬ寸前に召喚されています。

ナオフミは、勇者として波に備えなかればいけません。波というのはおおよそ1ヶ月に1回世界に亀裂が入りそこからモンスターが現れ、町や村を破壊し、人々の命を奪っていく災厄です。それを防ぐために異世界から召喚されたのがナオフミたち勇者4人となります。

裏切られるナオフミ

ナオフミは約1ヶ月後の波の災いに備えるために、マインという唯一ナオフミの仲間になりたいと言ってきた赤髪のきれいな女性とパーティーを組んでレベル上げのために草原に出ます。

ちなみにナオフミは盾の勇者で、防御力に関して言えば伝説級に強いのですが攻撃力は全くありません。一番最初に現れるスライム的な存在であるオレンジバルーンというモンスターでも、倒すのに5分もかかってしまうくらいの攻撃力しかありません。

しかもそれより少しでも強いモンスターになると、攻撃してもダメージが与えられません。ナオフミだけでは絶対に自身のレベルを上げることができないなんとも悲しい盾の勇者です。

そのためにナオフミの剣の役割を担うマインですが、マインはまさかの裏切り者でした。

マインの目的は、はじめから勇者に渡された特別支度金である銀貨を奪うこと!!

ナオフミは旅の終わりに、マインと食事をしました。そこでマインにお酒を進められますが、ナオフミ自身はお酒にめっぽう強く自分以外が先に酔ってしまうため、お酒が好きではありません。マインのお酒を断り食事を終え部屋で宿の部屋で休んでいると夜のうちに、装備品である「くさりかたびら」と支度金である銀貨がマインによって盗まれてしまいました。

 

最低野郎の烙印を押される盾の勇者ナオフミ

盾の勇者の成り上がりですから、まずは一旦ナオフミは地に落とされます。

マインの裏切りによって、銀貨を装備品のすべてを失いました。そして、マインを襲おうとした罪で王様の逆鱗に触れておりこの国では行きづらい状況となってしまいました。

しかも、マインを襲おうとしたというナオフミのデマは街中で広がっており誰もがナオフミに対して蔑んだ視線を送っています。マインが実際には銀貨とくさりかたびらを盗み、さらに嘘の証言をしているのに王様は全く耳をかさないのです。

それには理由があってネタバレになりますが、マインは実は王様の娘であり王様は、本当のことを知っていながら盾の勇者であるナオフミに対して嫌がらせをしているのです。

ナオフミは自暴自棄となり、誰にも信じてもらえずこのときから味覚を失ってしまいます。生き生きとした目も失われ、自分以外は誰も信じることができない状態です。

 

ラフタリアとの出会い

ナオフミは、怒りでオレンジバルーンを何十匹と倒しますが、いかんせん時間がかかります。しかし、攻撃力を上げるにも、盾以外の武器は拒絶され装備できないのです。ナオフミは、弱いからレベルが上がらない、レベルを上げれないから強いモンスターに挑むことができないという嫌なループに気がつきます。

そんな困った状況を見透かしたように、奴隷商と名乗るいかにも胡散臭い小太りの男がナオフミに声をかけてきます。

ここでナオフミにとってラフタリアと運命の出会いを果たすのです。奴隷商は、奴隷であれば契約した主人に対しては絶対に逆らうことができない。もしも逆らうのであれば、契約時の魔法で苦しむこととなる。最悪、死ぬことだってあり得るというのです。

裏切られることがない奴隷に魅力を感じたナオフミは、少ない所持金である銀貨をラフタリアに投資しして奴隷として契約を結ぶことになりました。ラフタリアの状態は、痩せており病気で常に咳している状態です。

ラフタリアの過去

ラフタリアは、災いをもたらす波によって自分の故郷をモンスターによって破壊されてしまいました。そして両親もラフタリアを守るために波によって現れた3つ頭の犬のようなモンスターからラフタリアや村のみんなを守るために犠牲となりました。

助かった後に、ラフタリアの両親の安否を確かめるべく村にもどるとそこには細切れになった肉片があり両親の無残な姿に彼女のかの糸がぷつりと切れてしまい

「イヤアアアアアアアアアアアアアアア」と発狂します。

それからというもの、ラフタリアは夜中になると両親が亡くなるという悪夢を繰り返し見るようになり発狂するようになりました。

生き残った村人とラフタリアの再建頑張ろうとした矢先に、村の領主が亡くなっていることからすでに村は保護されておらずラフタリアたち亜人を嫌っているメルロマルクの兵たちが村人の男を皆殺しにして、女性と子供は奴隷となりました。

ナオフミと出会うまでつらい経験を追ったラフタリアは、咳も止まらず次に買われたところで自分は病気で死んでしまうと覚悟していました。

ナオフミとラフタリア

ナオフミは、ラフタリアにひどい扱いをすることはなくお金が乏しいというのに、きちんと食事をさせ、貴重な薬草をラスタリアの咳に効くということで惜しみなく使いました。

いままでの主人とは違うと感じたラフタリアは、徐々にナオフミのことを信頼していきます。徐々にモンスターを倒すことにも慣れてきてレベルの上昇もナオフミよりも早く、かなり優秀な剣に育っていきました。

ナオフミが経験する災厄の波

ナオフミは、波の災いを経験することになります。ナオフミは龍刻の砂時計がすべて落ちると波のある場所に飛ばされます。もちろん自分のパーティーも飛ばされることになるためラフタリアも一緒です。

リュート村の近辺にモンスターが現れます。ナオフミ以外の3人の勇者は災厄の波から出現したボスであるキメラを真っ先に狙って、村人たちはそっちのけです。

ナオフミはキメラを討伐するのではなく、村人の避難誘導を優先して村人たちを守るために盾として村に押し寄せるゾンビや蜂のようなモンスターと戦いました。なんとかメルロマルクからの兵も到着し村を守り抜いたナオフミとラフタリア。一方で勇者3人は楽勝だったと、災厄の波から現れたキメラを討伐し意気揚々としています。村人のことを全部無視しておいて・・・。

本当の仲間を手に入れてたナオフミ

災厄の波から守った勇者4人は、王国に招かれ祝勝会が開かれます。

そこで、悪の元凶である国王の娘マインにまたも陥れられようとされます。奴隷をに戦い参加させていることをマインが元康に告げたのです。それに怒りを覚えた元康が、ラフタリアを賭けてナオフミに決闘を申し込みます。

なんの利益もないナオフミは決闘は拒否しますが、国王が勝手にラフタリアを賭けて決闘するように命じました。攻撃力がないナオフミは勝てるはずもなありません。しかもラフタリアと共同で戦うことは禁止というどうにもできない状況なのです。

ナオフミは、オレンジバルーンを使って追い詰めるも外野であるマインがまたも風の魔法で背後から元康の援護をしてナオフミは負けてしまいました。反則を知っている王様もまわりの兵も見てみぬふりをして元康の勝利は覆りません。

マインの策略によってラフタリアを失い、そこでマインが国王陛下の娘であり王女ということを明かされすべてがナオフミを陥れるための策略だったことを知りナオフミは絶望の縁へまたしても落とされるのです。

しかし、ラフタリアは元康に助けてくれと一言も言っていないと激昂しました。そしてナオフミのもとて行って伝えます。

「そうか、信じてください。私は、ナオフミ様が何も罪を犯していないと確信しています。貴重な薬を分け与え、私の命を救い、生きする術と戦い方を教えてくださった偉大なる盾の勇者の成り上がり勇者様・・・・私はあなたの剣、たとえどんな苦行の道であろうと付き従います」

 

それを聞いたナオフミは嗚咽がとまらず、この世界にきて初めての野菜い言葉に無意識に嗚咽がもれてしまいました。

盾の勇者の成り上がり1巻の感想

盾の勇者の成り上がりの1巻は異世界召喚されたナオフミが絶望の淵に叩き落とされるところから物語がスタートしました。ナオフミは裏切りにより人格が一気に崩壊し、他人を信じられなくなってしまいました。それでもラフタリアという自分を唯一信じてくれる仲間にであうことで立ち直りつつあります。

ダークヒーローであるナオフミとラフタリアの関係性が今後とっても楽しみな盾の勇者の成り上がりの1巻でした。ラフタリアを見るとどうしても狼と香辛料のホロを思い出してしまいます。子供ですが、体は大人に成長したラフタリア。今後の二人の関係にも注目ですが、災厄の波の到来をどうやって盾だけで退けていくか、ナオフミとラフタリアが力をつけていく過程を楽しみにして注目していきたいと思います。

いよいよ盾の勇者の成り上がりアニメ放送も始まります。毎回見逃さずに完全コンプリートしていきたいと思います♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
一日中アニメを見ながら過ごすことに、とても幸せを感じている管理人のKENTAROです。 つらいことがあってもアニメを見て元気をもらえば頑張れる!そう思って日々前向きに暮らしています!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネタバレが気になるアニメ好きサイト , 2019 All Rights Reserved.