青の祓魔師の燐の母親についてネタバレ!



青の祓魔師のリンの母親について気になっている方は多いと思います。私もその中の一人です。青の祓魔師の謎の一つでもありますよね。燐と雪男の母親の正体は果たして一体どんな人か解説していきます。ネタバレが嫌いな方は注意してください。


スポンサーリンク
レクタングル 大広告

青の祓魔師の燐の母親の名前は?

ではここから燐の母親の正体についてネタバレしていきますね。正体と言っても誰も隠してはいませんがあまり物語でも語られていませんね。その中でも分かっていることについてまとめていきたいと思います。

燐の父親は言わずと知れたサタンですよね。では母親は、ユリ・フレデリク・エギンという女性です。花ときのこが合わさったような名前ですよね。なかなか長い名前で燐の母親の名前を私は覚えることはできません。(笑)

青の祓魔師の燐の母親はどんな人物

燐の母親の名前はユリ・フレデリク・エギンということが判明しました。ではどんな人物だったのでしょうか。アニメでもほとんど語られていませんが、調べてみるとユリ・フレデリク・エギンもエクソシストだったようです。ちなみに階級に関しは下二級祓魔師です。

意外と階級は低いんですね。パラディンではないにしてもせめて中級以上ではないかと思っていましたが。ではなぜ燐の母親であるユリ・フレデリク・エギンはサタンとの子供を身ごもることになったのか。これについては、調べてみると興味深いことが書かれていました。

ユリ・フレデリク・エギンの発言に「悪魔と人は分かり合い愛し合うこともできる。お互いに学び合う所もあるはずだ。」があります。この言葉から悪魔がすべて悪いものではない。ユリ・フレデリク・エギンとしては歩み寄ることができる、いやそれ以上に愛し合うこともできると言っているのです。

ユリ・フレデリク・エギンは悪魔と愛し合うことができると証明したくて燐と雪男を生んだのかもしれません。これに関しては私の勝手な推測ですけどあながち間違えではないのかもしれませんね。

青の祓魔師の燐の母親容姿と今はなぜいない?

ユリ・フレデリク・エギンは、黒子が多かったようです。よくよく考えると燐には黒子はありませんが、弟の雪男に関しては黒子が多いですよね。燐はサタンに似て、雪男は母親に似たのでしょうか?能力に関しても燐にしかサタンの能力については受け継がれていませんよね。

しかし、物語の後半ではサタンの能力を雪男が実は持っているという事実が明かされるなんていう展開もあるのではないかと管理人は思っています。きっとありえない話ではないと思います。少し話がそれてしまいましたが、燐の母親の性格については、気が強い性格のようです。これはどちらも雪男も燐も受け継いでいるような気がしますね。サタンの性格については良く分かりませんけどね。

ユリ・フレデリク・エギンはエクソシストにより追放されたということが噂されていますが、真実は燐と雪男を生む際に青の炎の影響を受けてしまったようです。人間であるユリ・フレデリク・エギンは青の炎に体がもたなかったのでしょうね。焼かれてしまったようです。

疑問なのはなぜ雪男が無事なのかということ。やっぱり雪男もサタンの血を受け継いでいるのは間違いないですし、青の炎が覚醒するかもしれませんね。管理人はひそかに期待しています。

スポンサーリンク
レクタングル 大広告
レクタングル 大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする