『86-エイティシックス-』5巻のネタバレ解説

『86-エイティシックス-』

TVアニメ『86-エイティシックス-』を見逃した方はこちら

TVアニメ『86-エイティシックス-』

第10話の予告はまじで好き(*˘︶˘*).。.:*♡

 

かんたんな登録は必要ですが公式動画配信サービスの利用で31日間は無料でみれます

▽U-NEXT公式サイト▽

公式動画配信サービスについて詳しく知りたい方はこちら

【保存版】U-NEXT無料トライアルを楽しむための5つのコツ|料金・特徴・入会方法・解約方法まとめ

『86-エイティシックス-』5巻の内容について解説していきます。

阻電撹乱型の影響により連合王国は寒冷化が進み、食糧生産、防衛戦の維持が困難になっていた。連合王国は連邦に事実上の救援を要請。シン、レーナ率いる機動打撃部隊が共同作戦に参加する。

  • 連合王国の目的:阻電撹乱型の破壊によって寒冷化を食い止める
  • 連邦の目的:竜牙大山にいる<無慈悲な女王>の捕獲

連合王国と連邦の2国間の思惑が一致し、共同作戦が開始される。

 

連合王国の指揮官はヴィクトール・イディナローク第5王子。部隊はシリンと呼ばれる人工精霊による事実上の無人機。シリンは生きた人間の脳細胞をスキャンし人工細胞で脳を再現。記憶削除し疑似人格の刷り込みをほどこされている人形の機械。

 

健太郎
健太郎

スキャンされる脳は事前に志願した軍人で、救命不可能と判断されたもの。無差別に脳をスキャンしているわけでないよ。

 

無慈悲な女王とは

  • 初期ロット白い斥候型(アーマイゼ)
  • 斥候型で唯一指揮官
  • 白い斥候型はゼレーネかもしれない
  • ゼレーネはレギオンを開発した人物
  • 戦争を止める手段を持っているかもしれない

 

スポンサーリンク

レーヴィチ観測基地

 

切り立つ断崖絶壁の上に建つ難攻不落の連合王国基地レーヴィチ観測基地から竜牙大山への進撃準備が始まる。作戦前の偵察として周辺を探索しているときに、シリンが搭乗するアルカノストとレギオンが交戦になる。

電磁射出機型がレギオンを射出し、遠距離からレギオンを送り込んできた。急に現れたレギオンと交戦するが、ヴィーカ率いるアルカノストとシンたち機動打撃部隊はなんなく撃破する。レーヴィッチ観測基地へ戻る途中、退路に仕掛けられた地崩しの罠が発動する。

アンジュとダスティンは爆発に巻き込まれ行方不明になるが、シンが二人を無事救出。他にも地崩しの罠が仕掛けられていることがシリンの周辺探索から発覚。ただ、罠が発覚していない状況だと発動させず、発覚と同時に発動させた点が不自然だった。

 

スポンサーリンク

レーヴィチ要塞基地の陥落

シン率いる戦隊は竜牙大山へ向け進軍を開始。進軍をしていたがシンにレーヴィッチ要塞基地の陥落の一報がヴィーガから入る。電磁射出機型により光学迷彩をまとう高機動型が要塞基地を単騎で強襲。その後空路を利用し、1000隊前後のレギオンに基地の地上部を奪われてしまう。

要塞基地の地下にある司令部にレーナ、ヴィーガ、ライデンたち残り勢力は籠城することになる。シンたちを進軍させるために陽動として出ていた戦隊が全滅し、レギオンの大群が要塞基地へ集結しようとしていた。制圧された要塞基地を奪還すべくシンたちは引き返し攻城戦を挑む。

崖の上にある要塞基地の攻略は有利な位置をレギオンに奪われているため、シンたちも登れずにいた。3日間の戦闘で限界を感じたヴィーガはシリンの全機捨て身の特攻を決行。頂上部までシリンの残骸による進路を築く。シリンの残骸路を踏み越え要塞基地に到達したシンたちは高機動型と戦闘になる。

スポンサーリンク

VS高機動型

高機動型への対策は前回の戦闘から練っていた。目的はシンの鹵獲のため、シンを囮に高機動型をうまく包囲網に誘導。セオ、クレナ、スノーウィッチが連携して高機動型を追い詰める。しかし、倒しきれずに弾薬が切れで次々と脱落。高機動型に包囲網を抜かれ、シンに到達させてしまう。

高機動型はシンの鹵獲は不可能と判断し、排除しようとする。高機動型の攻撃でアンダーテイカーのコクピットは真っ二つに切り裂かれる。しかし、攻城前にシンはレルヒェと機体を交換しており、無事。レルヒェの機体に搭乗していたシンが至近距離で発砲。致命傷を負わせ、高機動型率いるレギオン部隊から要塞基地を奪還した。

シンは要塞基地から眼下に見下ろすと雪原に<無慈悲な女王>の強い視線を感じた。高機動型や重戦車型が守るように無慈悲な女王を囲み雪の闇の向こうへ消えていった。誰も、追えなかった。

 

続きはこちら

『86-エイティシックス-』6巻のネタバレ解説

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました